YouTubeで10万回再生されたときの広告収入はどれくらい?収益化の条件や設定方法を紹介

子どもの憧れの職業にまでなっているYouTuberですが、そのYouTubeの動画がどのような収入の仕組みになっているか気になりますよね。特に具体的な数字は気になるところ。今回はYouTubeで10万回再生されたときの広告収入を中心として、YouTubeの広告収入についてまとめてみました

これからYouTubeで動画の投稿を始めようと考えている方だけではなく、単なる好奇心でYouTuberがどれくらい稼いでいるのか知りたい方も参考にしてください

YouTubeの広告収入とは

YouTubeで動画を見ていると流れてくる広告ですが、動画投稿者は動画に広告を掲載することで収益を得ることができます。その仕組みが YouTube パートナー プログラム です

YouTube パートナー プログラムはユーザーが動画を収益化できるプログラムのことで、このプログラムに参加することで広告などの視聴から収益を受け取れるようになります

YouTubeで10万回再生されたときの広告収入

実際にYouTubeに投稿した動画が10万回再生された方を取材したので広告収入を紹介します

YouTubeで10万回再生されたときの広告収入

YouTubeで動物やビジネス情報をあげているチャンネルでは、再生回数が10万回程度で4,000円ほどの収益でした。YouTubeにおける具体的な収益の公開は規約違反なので、これ以上の詳細な数字は言えませんが、この方のページでは「1再生に対する単価は0.04円程度」とのことでした

再生回数で収益は分からない

YouTubeの広告は「再生回数」だけではなく「再生時間」「評価」「コメント数」なども影響してくるとされているので、一概に再生回数に応じた収益を計算するのがそもそも間違いだからです。再生数が同じ10万回再生でも、1再生辺りの単価が0.04円くらいで4,000円程度で稼ぐ動画もあれば1再生辺りの単価が0.1円で10,000円程度の収入がある動画まで収益の幅は広くなっています

ネットなどではよく「1再生辺り0.1円の収益」と言われていましたが、凄く幅広くざっくりとした目安として1回の再生で0.1円というのは遠からずというのがここで言える数字です

YouTubeの広告収入以外の収益

YouTubeでの収益の稼ぎ方は広告以外にもあります。代表的なものをここで紹介します

YouTubeライブのスーパーチャット

YouTubeにはスーパーチャットという動画投稿者に金銭を直接渡せる機能が備わっています。いわゆる投げ銭というものです、YouTubeのライブなどで面白かったりして満足したら投稿者にお礼の気持ちを形にして届けることができます

チャンネルメンバーシップ

3万人以上のチャンネル登録者を獲得すればチャンネルメンバーシップ機能を使えるようになり、視聴者が毎月料金を支払うことによってチャンネルのメンバーになり、バッジ、絵文字、その他のアイテムなどの特典を得られることができます

有名YouTuberなどは商品紹介や提携案件なども収益源

大物YouTuberともなると今や知名度や人気度は絶大的で、ちょっした商品紹介をするだけでも売上を大きく動かす影響力を及ぼします。宣伝したい商品やサービスがある企業は、YouTuberに報酬を払ってPR動画などを制作してもらうこともあります

YouTubeで多くの収益を得るには、アクセス数や再生時間だけではなく企業からも高評価を得られるような気持ちの良い動画を作るのがよういでしょう

YouTubeを収益化するには?

YouTubeを広告収入によって収益化するための流れを簡単に説明すると次のようになります

  1. YouTube のポリシーとガイドラインに準拠していることを確認する
  2. Google Adsence のアカウントを作成する
  3. チャンネル登録者数が 1,000 人以上、かつ総再生時間が 4,000 時間以上を達成する
  4. YouTube パートナー プログラム(YPP)に申し込む
  5. チャンネルの登録者数と総再生時間が YouTube パートナー プログラム(YPP)の基準を満たすと、自動的に審査待ちの状態になります

ここからは気になるポイントを少し詳しく見ていきましょう

YouTubeの広告収入の条件

YouTubeで動画を公開した全ての人が広告収入を得られるわけではありません。YouTubeで公開した動画に広告を載せるには条件をクリアして審査を受ける必要があります

  • 過去1年間の総再生時間の合計が4,000時間以上
  • チャンネル登録者が1,000人以上

以前はチャンネルでの総再生回数が10,000回以上あれば審査を受けれていたのですが2018年より最新の条件の変更が実施されて厳しくなりました。ただ、そもそも条件に到達しないチャンネルであれば収益も雀の涙ほどだったと思われますし、より支持をされて質の高いチャンネルを中心に残るとすれば視聴者的にも良い変更だったのではないでしょうか

YouTubeの広告収入の設定方法

ここではYouTube パートナープログラム(YPP)に申し込むために、YouTubeの収益受け取りプログラムまでの場所を案内します

YouTubeの広告設定はYouTube Studioから登録します。YouTube Studio には、YouTubeの右上にあるアカウントアイコンから YouTube Studio を選択します

YouTube Studio を開いたら、左のメニュー一覧から「その他の機能」を選び、「収益化」を選択します

YouTubeパートナープログラムに申し込みます。YouTubeパートナープログラムの利用規約を読み、内容に同意したら「開始」を選択して指示に従って進んでいきましょう。詳しい設定方法は長くなるので別記事にて紹介します

YouTube パートナープログラム(YPP)の審査

 チャンネルの登録者数が1,000人を超えて、過去1年間の総再生時間が4,000時間を超えてYouTube パートナー プログラムの基準を満たすと、自動的に審査待ちの状態になります

審査が不承認になっても30日経てば再申し込みできるので、不承認になった理由を修正して再申し込みをしましょう

YouTubeの広告収入の受け取りはいくらから?

YouTubeの通算の収益が8,000円を超えると報酬を受けとることができます。収益の受け取り方は Google Adsenceで指定した金融機関に振り込まれます

YouTubeの収入を計算してくれるサイト

気になるYouTuberなどの目安となる収益を計算してくれるサイトがSOCIALBLADE(ソーシャルブレイド)です。正確性が保証されるものではありませんが、1つの目安程度として試しに使うくらいであればアリです。人がいくら稼いでいるのかって声を大にしては言えませんが、実際は気になりますよね

SOCIALBLADE(ソーシャルブレイド)

例えば、人気YouTuberのはじめしゃちょーさんのチャンネルであればこのように分析されます

更に細かく動画ごとのデータなども詳しく表示されるのですがここでは割愛させてもらうので、どうしても気になる方はご自身で検索してみてください

YouTubeの広告収入をスキップした場合の収益はどうなるの?

YouTubeの広告関連の質問で意外とよくあるのが、YouTubeの動画の広告をスキップした時の収益がどうなるのか?という疑問です。その答えは、基本的には「スキップされた場合に収益は発生しない」です

というのも、YouTubeの広告には複数種類があってスキップできる広告とスキップできない広告があります。スキップできる広告の収益発生条件は「30秒以上もしくは最後まで広告を視聴する」、もしくは「広告をクリックする」ことなので広告をスキップした場合には条件に当てはまらないので収益が発生しないのです

まとめ

YouTubeの広告収入だけで稼いで生活をしていくには、毎日動画を上げた場合でも最低で10万〜20万再生を安定的に獲得していきたいところです。トータルで10万回再生などちょっとしたお小遣い程度にしかなりません。いやー、専業のYouTuberの方の凄さが身にしみますね

最新情報をチェックしよう!
>節約でお得!月額実質 3,800円からの高速通信「au ひかり」

節約でお得!月額実質 3,800円からの高速通信「au ひかり」

お使いのインターネット回線の価格や速度に滿足していますか?

毎月のインターネット回線の料金が高いまま使い続けているご家庭が多く、月々数千円の節約の機会を見逃しています。「au ひかり」なら実質3,800円からの料金設定なので、家計への負担が少なくて安心です。更に、光ファイバーのauひかりは最大1,000Mbps(1Gbps)の超高速通信!検索や調べ物もサクサクできるので快適にインターネットが楽しむことができます!

こちらでは高額キャッシュバックや大幅割引など様々な特典を実施中なので、インターネットを見直したい方やおトクに始めたい方にはチャンス!

CTR IMG