スマホアプリやデザインが中心のWEBサイト

nakamahalog

Lightroom 写真・デザイン

Lightroomの選び方から購入、インストールの方法までを紹介(無料体験版もあり)

更新日:

Lightroomは2017年から「Lightroom CC」と「Lightroom Classic CC」の2つに分かれ、料金プランも複数選べるように変更されました

人それぞれにあったプランが選びやすくなった一方で、どれを選んだらよいのか迷ってしまう方もいらっしゃると思います。今回はLightroomの基本的な選び方やインストール方法、そして無料体験版の使い方までを紹介していきます

購入前に知っておきたい基本的なこと

説明が少し長くなるところもあるので、先に簡単に購入前に知っておきたい基本的なことをまとめておきます。詳細は後述している各項目を確認してください

1. Lightroom は2種類ある

Lightroom CC」と「Lightroom Classic CC」の2種類があります。

簡単に分けると「Lightroom CC」は手軽に使えてクラウド機能が充実、「Lightroom Classic CC」は本格的な写真編集ができます

2. 購入方法

公式サイトよりオンラインで購入できます

3. 価格

月々払いもしくは一括払いの年間定額制です

基本は3つのプランから選ぶことができて月々980円から選ぶことも可能です

4. 何台まで使える?

2台の端末まで登録して使うことができます。ただし、同時使用はできません

端末の登録は簡単に変更することができるので、パソコンを買い替えても使い続けることができます

Lightroom CC と Lightroom Classic CC

「Lightroom CC」と「Lightroom Classic CC」の違いは以下のようになります

公式サイト より

  Lightroom Classic CC Lightroom CC
デジタルフォトの主な作業場所 デスクトップのみ デスクトップ、モバイル、web
元画像の保管場所 ローカルのハードドライブ クラウド
ファイルのバックアップ なし 自動
使いやすさ 写真に関する幅広い知識が必要 直観的で簡潔
整理と写真検索 キーワード入力 自動タグ付けとインテリジェント検索

ポイント

どちらを使うか迷うなら、まずは Lightroom CC を使ってみて、機能的に物足りなければ Lightroom Classic CC を使ってみるのが良いと思います

Lightroom の購入プラン

Lightroom は3つのフォトプランと、20以上のアプリが使えるコンプリートプランのいずれかを選ぶことによって使うことができます

  フォトプラン(20GB) フォトプラン(1TB)
年間プラン(月々払い) 980円 / 月 1,980円 / 月
年間プラン(一括払い) 11,760 / 年 23,760円 / 年
月々プラン - -
使えるソフト Lightroom CC
Lightroom Classic CC
Photoshop CC
Lightroom CC
Lightroom Classic CC
Photoshop CC
クラウドストレージ 20GB 1TB
  Lightroom CC プラン(1TB) コンプリートプラン
年間プラン(月々払い) 980円 / 月 4,980円 / 月
年間プラン(一括払い) 11,760 / 年 59,760円 / 年
月々プラン - 7,980円 / 月
使えるソフト Lightroom CC Photoshop CC、Illustrator CC、Adobe XD CCなど、20を超える数のクリエイティブデスクトップおよびモバイルアプリ
クラウドストレージ 1TB 100GB

Adobeはたまに割引キャンペーンもやっているので、急ぎで無ければ待つのも良いかも

ポイント

おすすめなのは Lightroom CC、Lightroom Classic CC、Photoshop と3つのアプリが使えるフォトプランです。高機能な Lightroom Classic CC が使えるのはもちろん Photoshop も便利で楽しいですからね

学生・教職員向けのプラン

Lightroom も含まれた20以上のアプリが使えるコンプリートプランが割安価格で使えます。Lightroom だけ使いたい方には必要ありませんが、他のアプリも使いたい学生・教職員の方にはおすすめです

  学生・教職員向け
コンプリートプラン(初年度)
学生・教職員向け
コンプリートプラン(2年目以降)
年間プラン(月々払い) 1,980円 / 月 2,980円 / 月
年間プラン(一括払い) 23,760円 / 年 35,760円 / 年

購入資格

学割価格でご利用頂ける対象は、13 歳以上かつ以下に示す教育機関が提供する 3 ヶ月以上の課程に在籍する生徒/学生または該当教育機関の教職員の方です。

詳しい条件などは、公式サイトを参照にしてください

法人や教育関係プラン

こちらに関しては公式サイトを参考にしてください

ちなみに、古いバージョンなら一度の購入で永続使用できます

Lightroom 6 は古いバージョンですが、今もダウンロードが可能です(2018年12月現在)。買いきりなので一度支払えば追加のお金を無しに使い続けることができます。ただし、サポートは2017年いっぱいで終了しています

Amazonなどで購入することができます

新しいバグや今後発売されるカメラの規格などに対応できなくなることもあるので、基本的にはフォトプランがおすすめです

無料体験版を使ってみる

Lightroomなどのアドビの製品は7日間の無料体験ができます。こちらの無料体験版のページへ移動してみましょう

ページに移動したら[無料体験版を開始]を選択して、クリエイティブクラウドをダウンロードしましょう。詳しくは次の項目で紹介します

ポイント

無料体験版は Lightroom などアプリごとにありますが、コンプリートプランの無料体験にしておくとLightroomなどを含む20以上のアプリが使えるのでお得です

Lightroomをインストールする

[無料体験版を開始]するも[購入する]場合もアプリのインストール方法は同じです

基本的には Adobe Creative Cloud という管理アプリをダウンロードして、そこからダウンロードしたいアプリを選ぶだけです

step
1
Adobe Creative Cloud をダウンロードする

[体験版をダウンロード]を選択すると Adobe Creative Cloud アプリのダウンロードが開始されます

step
2
Adobe アカウントを作成する

Adobe アカウントはアプリの使用には必須なので、アカウントを持っていないかたは新規作成しましょう。もしくはGoogleかFacebookのアカウントでもログインすることが可能です

必要事項を入力すると Adobe Creative Cloud アプリのインストールができます

step
3
Lightroom をインストールしよう

Adobe Creative Cloud のインストールが終了すると、アプリの一覧画面が表示されます

こちらから Lightroom CC、もしくは Lightroom Classic CC の[体験版]を選択すればインストールが始まりアプリを使用することができます

ポイント

無料体験版の使用期限が過ぎても、アプリを購入していなければ使えなくなるだけで自動で課金はされないので安心してください。継続使用にはプランを選んで購入する必要があります

Lightroom の購入方法

step
1
購入サイトを開く

無料体験版だとアプリを開いた際にこのような画面が表示されるので、右下の[Adobe.com で購入]を選択するか、公式サイトを開きましょう

step
2
プランと支払い方法を選ぶ

プランを選ぶページに移動するので、プラント支払い方法を選びます

選んだら下の[購入する]を選択してください

step
3
必要事項を入力して完了

あとは Adobe アカウントの確認や必要事項を画面の指示に従って入力すれば購入は完了です

フォトプランの解約について

フォトプランの支払い方法は年間プラン(月々払い)と年間プラン(一括払い)の2種類があります

気をつけなければならないのは、あくまで年間プランなので月々払いの場合は更新月以外で途中解約すると解約料金が発生します

詳しいことはこちらの公式サイトを確認してください

年間プラン(月々払い)

初回注文後14日以内の解約については、全額を払い戻しいたします。14日が経過してから解約される場合、残存期間の50%が請求され、サービスはその月の請求期間の終わりまで継続されます

(フォトプランやコンプリートプランの解約についてアドビのサブスクリプションの利用条件と解約ついて より)

ちなみに

更新前にはメールでお知らせは来ます

注意ポイント

フォトプランは月々払いでも年間プランということは気をつけておきましょう

まとめ

これでLightroomを使う準備が整いました。次回からはLightroomの使い方を紹介していきます

-Lightroom, 写真・デザイン
-, , ,

Copyright© nakamahalog , 2019 All Rights Reserved.