ケーブルテレビ(CATV)とは?特徴や地上波テレビ放送との違いを紹介

ケーブルテレビ(CATV)はCMなどで名前は耳にするけど、専門チャンネルが観られたりインターネットが使えたりと結局は何が出来るのか分からない方も多いのではないでしょうか

この記事ではケーブルテレビ(CATV)の様々な疑問にお答えしていきます

ケーブルテレビ(CATV)とは

総務省によると、ケーブルテレビは次のように定義されています

ケーブルテレビとは、地上波放送や衛星放送を受信し、ケーブルテレビ網(光ファイバーケーブルと同軸ケーブル)を使って各家庭までお届けするシステムです。

さらに、この大容量のネットワークを活用して、インターネットなどの通信サービスにも実力を発揮しています。今後も通信と放送のサービスを総合的に提供するブロードバンドネットワークとして、様々なサービスの提供が期待されています。

総務省近畿総合通信局 より

つまり、通常のテレビ放送だと各建物に設置したアンテナで放送を受信するのですが、ケーブルテレビでは大型のアンテナでで放送を受信して、その受信した放送をケーブルを使って各戸へ配信してくれます。ケーブルテレビ会社では通常の家庭などでは設置が難しい大型で優れたアンテナや設備を使うことによって、受信することが難しい電波を捉えて有線ケーブルによって安定した放送を届けてくれるんですね

ケーブルテレビ(CATV)の特徴

ケーブルテレビの主な特徴を紹介していきます

電波が届きにくい場所でもテレビ番組を視聴できる

通常のテレビ放送は電波を各戸のアンテナで受信することで番組を視ることができます。電波によって情報を飛ばすことで幅広い範囲の家庭でテレビ放送を受信することが出来るのですが、電波を遮る遮蔽物や暴風雨などの自然災害等によって放送を受信することが困難となることもあります

一方で、ケーブルテレビは有線ケーブルを通して番組を配信するので、外部要因に強く安定して番組を視聴することができます。

チャンネル数が多い

地上デジタルやBS(衛星放送)、CS(有料放送)などの通常のテレビ放送に加えて、映画・ドラマ、スポーツ、エンタメ、アニメや音楽チャンネルまで多くのチャンネルが用意されています

最近ではYouTubeやNetflixなどの無料や有料の動画サービスが普及しているので、映画やエンタメ、アニメなどをケーブルテレビで見られるメリットが感じづらくはなってきましたが、リアルタイムのスポーツチャンネルなどは未だに豊富な番組を抱えるケーブルテレビは魅力です。野球チャンネルも充実しているところが多いので、地上波で見られなくなった番組が見られるお得なコンテンツはまだまだ顕在です

他にも需要が高いのは、地方で東京のテレビ番組を視たり、他地域のローカルチャンネルの視聴も可能なことです。これは通常のテレビ放送でのチャンネルが少ない田舎などにお住まいの方には本当に嬉しい仕様です!(テレビ放送に関しては地域によって異なる可能性もあるので、実際の詳しい視聴可能チャンネルに関してはケーブルテレビで確認してみてください)

インターネットも使える

ケーブルテレビでは基本的にインターネット回線も使うことができます。ケーブルテレビは基本的に光ハイブリット方式が使われていて、光回線と比較すると速度は劣ります

ただ、業界大手の「J:COM」などでは下り最大320Mbpsのコースや、地域によっては「J:COM NET 光 1Gコース on auひかり」などが提供されるなど、WEBサイト閲覧や動画視聴などの一般的な用途に対しては充分な環境が整ってきています

テレビ放送や専門チャンネルと同時に申し込むとお得になるプランも多く、まとめて契約すると家計全体の通信料金をかなり割安に抑えられることもあります

利用料金が発生する

ケーブルテレビは基本的に毎月定額の視聴料金が発生します

とはいえ、多くの専門チャンネルを視聴できるだけではなくインターネット代金が含まれているパックなどもあるので、インターネットが必要な家庭では現在支払っている通信料金と変わらなかったり、むしろケーブルテレビを使ったインターネットの方が安くなるケースもあります

ケーブルを引き込む必要がある

立地によっては工事ができないこともあったり、工事費用がかかったりします。マンションやアパートなどの集合住宅などで新しくケーブルを引き込むには大家さんに交渉する必要があります。ケーブルテレビ契約済みの物件もありますので、それを基に住まいを探すことも出来ます

CATVのメリット CATVのデメリット
  • 電波が悪い場所でもテレビの視聴ができる
  • チャンネル数が多い
  • インターネットも使える
  • 料金がかかる
  • ケーブルの工事が必要

ケーブルテレビはこんな人におすすめ

ケーブルテレビは以下のような悩みをお持ちの方に特におすすめです

  • テレビのチャンネル数が少ない
  • 電波が悪くて放送が途切れる
  • 専門チャンネルに興味がある
  • インターネットなどの通信費用を安く抑えたい

ケーブルテレビに移行することで解決できることも多いので、当てはまることがある方は検討してみてください

ケーブルテレビと普通のテレビ放送の違い

ケーブルテレビと通常のテレビ放送との違いを改めてまとめてみましょう

ケーブルテレビ(CATV) 通常のテレビ放送
  • 有線ケーブルを通して配信
  • 基本的に有料
  • 通常のテレビ放送も視聴できる
  • 専門のチャンネル数が多い
  • インターネットも使える
  • 電波で配信
  • 無料(NHKは有料)

要するに、基本的なコンテンツや機能面などはケーブルテレビ(CATV)が優位ですが大きな違いは有料か無料かということです。上記の違いに料金分の価値を見いだせるのであれば積極的に利用してもよいのではないでしょうか

視聴料収入と広告料収入の違い

視聴者側としてはあまり見えてこないかもしれませんが、ケーブルテレビ(CATV)と通常のテレビ放送の1番の違いは、主な事業収益が視聴料収入と広告料収入の違いがあることです

ケーブルテレビの視聴料収入は視聴者によって料金を受け取っているので、視聴者目線のエッジの効いた面白いコンテンツも比較的自由に制作したり集めたりすることができます

一方で通常のテレビ放送ではスポンサーによる広告収入が中心となっています。広告は多くの人に見られることが重要で視聴率が重要となってきます。しかし、視聴率を気にするあまり幅広く万人に受けられて、更に広告主のイメージを損なわないような番組にする必要があり、結果的に当たり障りのない番組が多くなってきます

ケーブルテレビの評判や口コミ

実際にケーブルテレビを使ったことがある人達の評判や口コミをあつめてみました。地方ローカル放送の情報など面白そうですね

まとめ

ケーブルテレビ(CATV)は人それぞれや地域によっての用途が様々で、どのように使いこなすかが重要になってきます。今後はケーブルテレビ業者の選び方も紹介する予定です

最新情報をチェックしよう!
>節約でお得!月額実質 3,800円からの高速通信「au ひかり」

節約でお得!月額実質 3,800円からの高速通信「au ひかり」

お使いのインターネット回線の価格や速度に滿足していますか?

毎月のインターネット回線の料金が高いまま使い続けているご家庭が多く、月々数千円の節約の機会を見逃しています。「au ひかり」なら実質3,800円からの料金設定なので、家計への負担が少なくて安心です。更に、光ファイバーのauひかりは最大1,000Mbps(1Gbps)の超高速通信!検索や調べ物もサクサクできるので快適にインターネットが楽しむことができます!

こちらでは高額キャッシュバックや大幅割引など様々な特典を実施中なので、インターネットを見直したい方やおトクに始めたい方にはチャンス!

CTR IMG