アプリ・インターネット・エンタメの情報サイト

nakamahalog

インターネット接続 WiFi

オンラインゲームにおすすめのWiFiルーターの選び方【Nintendo Switch, PS4, PC, スマホ】

更新日:

今のゲームは殆どがオンラインに対応していて、同時に様々なプレイヤーと協力や対戦プレイをして楽しく遊ぶことができます

一方で、ゲームによっては良好な通信状態でないと途切れたり遅延が発生したりと満足にプレイできないことで困った経験はありませんか。特に大事な戦いの途中で通信が切れるとか絶対に避けたい事態です

今回はオンラインゲームを快適にプレイするために、ゲームの機種や用途別に合わせたWiFiルーターの選び方を紹介していきます

ゲームに最適なWiFiルーターの選び方

オンラインゲームに大切な通信環境の条件は、遅延の無い「速度」途切れない「安定性」です

特に大人数が同時参加するMMORPGや、コンマ数秒が命取りとなるFPS格闘ゲームなどでは両方とも欠かすことのできない要素となります。以下では速度と安定性で注目したい点をまとめてみました

WiFiの「速度」で注目したいポイント

WiFIの通信速度で注目したいところは、最高速度タイムラグ(ping値)です

pingとはサーバーからの応答速度なので数値が低いほど優良です。特に対戦ゲームではping値が高いと遅延が発生して不利な状況になるので重要な項目です

WiFiルーターの最高速度はWEBサイトやパッケージなどの説明欄に記載されているので数値を見て比較をしてみましょう。特にアンテナの数は重要で、アンテナの数が多ければ電波の通り道が多くなりスムーズな通信が可能となり速度が上がりやすくなります

ping値は通信環境に左右されるので、WiFiの接続機器数を減らしたり電子レンジなどの通信に影響のあるものから遠ざけるなどの身の回りの環境を変えて対応する必要もあります

ちなみに、これから紹介するゲーミングWiFiの中にはping値を抑える機能が付いているものがあるので、そちらを使ってもよいでしょう

WiFiの「安定性」で注目したいポイント

WiFiの通信の安定性で注目したいところは、電波が届く適切な範囲にある(部屋の広さに合っている)かです

安定した通信速度を保つためには電波が充分に届いている必要があるので、WiFiルーターから離れすぎていないか、さえぎるものが無いかに気をつけて下さい

そして、WiFiルーターで見るポイントは親切に記載されてある推奨住宅環境、そしてアンテナの数付加機能(ビームウォーミングなど)が重要となります

特にアンテナの数はより電波を広い範囲に安定して届けるための重要な要素となります。内蔵されているものはスッキリして人気が高いのですが、電波が届きにくい場所があるときには外部アンテナで電波を飛ばす方向を調整できるものがおすすめです

ゲーム用のWiFiルーターを選ぶポイント

  • 最高速度を確認する
  • 推奨の住宅環境を確認する
  • アンテナの数、外付けか内蔵か確認する
  • 付加価値(主にビームウォーミングなど)を確認する
  • pingを抑える機能を見る

おすすめのWiFiルーター4機種

スマホゲームを簡単に遊べればOK!

BUFFALO「WHR-1166DHP4」

BUFFALOのWHR-1166DHP4は、iPhoneやAndroid端末のスマホゲームなら十分の性能を持つWiFiルーターです。ビームウォーミング機能がというスマホの位置を狙い打ちして電波を飛ばしてくれる機能が搭載されています

もちろんPS4やNintendo Switdhなどでオンラインゲームも可能ですが、容量の大きいものや遅延が命取りとなるFPSや格闘ゲームは少し不満を感じる可能性があるかもしれません。とりあえずオンラインでゲームを遊んだりダウンロードできれば大丈夫、という方であればこちらの機種で大丈夫です

価格 約 4,480円(2019年4月 現在)
通信速度 最高で866Mbps(11ac)
推奨環境 戸建ては2階建て、マンションは3LDKまで
付加機能 ビームウォーミング対応で電波が届きやすい

プレイするゲームの目安

スマホゲーム[PUPG, 荒野行動, モンストなど]

PS4やNintendo Switchでも楽しみたい!

BUFFALO「WSR-2533DHPL」

内蔵アンテナが4本あり、あらゆる場所に電波が届きやすく途切れにくくなっています。コンシューマー(PS4やNintendo Switchのような据え置きゲーム機)のゲームで普通に遊ぶのであれば、FPSや格闘ゲームなどの安定した通信速度が要求されるジャンルでもこちらの機種で特に問題ないでしょう

PCゲームをプレイすることがあったり、ランクマッチなどに真剣に取り組んでいて遅延の可能性を極力減らしたいのであれば、以下で紹介しているゲーミングWiFiルーターが適しています

後継モデルのWSR-A2533DHP2も発売されていますが、価格が約13,000円(2019年4月現在)とまだ高いので、性能差を考えるとまだこちらで紹介しているWSR-2533DHPLで良いと思います

価格 約 8,050円(2019年4月 現在)
通信速度 最高で1,733Mbps(11ac)
推奨環境 戸建ては3階建て、マンションは4LDKまで
付加機能 ビームウォーミングEX対応なので電波が更に届きやすい

プレイするゲームの目安

PS4[フォートナイト, レインボーシックスシージ, モンハンW, FIFAなど]
Nintendo Switch[スプラトゥーン2, フォートナイト, マインクラフトなど]

PCの高クオリティゲームでも快適に遊びたい!

ASUS「RT-AC86U」

ASUSのRT-AC86Uは、ゲームのための高性能「ゲーミングWiFiルーター」です

PUBGのような大人数の同時接続で、なおかつ高いグラフィックやレートの大容量が要求されるようなゲームには良い回線状況は必須です。本器の基本性能の高さはもちろんping値を抑える機能など回線の良さをゲームに最大限に生かすための付加機能が充実していて、まさにゲームをするためのWiFiルーターです

価格 約 23,680円(2019年4月 現在)
通信速度 最高で2,167Mbps(11ac)
推奨環境 戸建ては3階建て、マンションは4LDKまで
同時接続 18台まで
付加機能 Nitoro QAM技術で従来より25%速度UP
WTFast技術でタイムラグ(ping値)とパケットロスを最小限に抑えます
ネットワークゲームの通信優先度を高める機能を搭載

プレイするゲームの目安

どんなゲームでもOK

最強のWiFi環境にこだわりたい!

TP-Link「Archer C5400X」

世界のWiFiルーターの約半分のシェアを獲得しているTP-Linkによる初めての本格ゲーミングWiFiルーター。ここまでのハイスペックになると、プロを目指している方や有線と同等以上のネットワーク環境を求めるというWiFiのクオリティを極限まで引き出したい方向けです

他に比べると価格も高めですが、WiFiは毎日使う人がほとんどなので思い切って購入する人も多いようです

発売当初に比べて価格も落ち着いてきたので人気上昇中のWiFiルーターです!

価格 約 28,000円(2019年4月 現在)
通信速度 最高で2,167Mbps(11ac)
アンテナ数 8本の脱着式外部アンテナ
付加機能 16Gのストレージ内蔵

プレイするゲームの目安

どんなゲームでもOK

オンラインゲームにおすすめの光回線

WiFiルーターやゲーム機、PCを最高のものを揃えたとしても回線自体の環境が良くなければ性能を発揮できません。現在使っている光回線の環境に少し不満を抱えてるのであれば、思い切って乗り換えてみるのも良い選択です

速度の改善はもちろん、乗り換えることで月額料金まで安くなることがあるので家計も節約できます

速度重視の「NURO光」

NURO光はソニーの関連会社であるソネットが提供する光回線です。下り最大2Gbpsの超高速回線で、しかも月額基本料金も比較的安くて最もおすすめのサービスです。だだし1つデメリットがあって、現在の対応エリアが関東・関西・東海・九州の限られた地域でしか契約ができないことです

対象エリアに住んでいるのであれば乗り換えをおすすめしたい通信回線です

月額基本料金 4,743円(2019年4月 現在)
通信速度 下り最大 2Gbps
スマホ割引 ソフトバンクのスマホなら毎月最大1,080円割引

詳しくはコチラ

 

安さと安心の「auひかり」

auが提供する光回線の「auひかり」は、NTTのフレッツ光より基本的に早くて安いサービスです。特にマンションタイプは月額基本料が3,800円と安いので通信料金の節約になります

特にauのスマホを使用していれば、最大2年間は月額料金が2,000円の割引になるのでコスパの良さなら一押しです

月額基本料金 一戸建て 5,100円
マンション 3,800円(2019年4月 現在)
通信速度 下り最大 1Gbps
スマホ割引 auのスマホなら毎月2,000円割引(最大2年間。2年以降は934円の割引)

詳しくはコチラ

 

ゲームのWiFi通信環境を改善する方法

ここからは、機種別に更なる通信速度の改善方法を紹介していきます。今後、追加していく予定です

PS4は2016年9月以降の新機種の通信速度が速い

PS4は2016年9月に小型・軽量化した新型の「CUH-2000シリーズ」と「PS4 pro」を発売しました。これ以降のPS4の機種はWiFiの「11ac」規格対応になったので混雑していない5GHz帯が使えます。渋滞しがちの道路か空いている道路のどちらが良いのかは明らかですね

PS4の通信環境で不満を抱えている方は、思い切って「CUH-2000シリーズ」以降の新機種か「PS4 pro」に買い替えると改善する可能性が高いです

Nintendo SwitchはWiFiルーターに近づけると改善することもある

そもそもNintendo SwitchはWiFiの電波が弱めという報告が多く挙げられています

そして、その解決方法の1つとして本体をWiFiルーターに近づけると通信環境が改善するという単純な方法もあるので試してみて下さい。他にも、電波を妨げるような電子機器類を極力離すのも効果があるかもしれません

まとめ

私も定期的に距離が遠くてなかなか会えない友人達とオンラインゲームを楽しんだりします。ゲームのクオリティも高まってワイワイしながら面白い時間を過ごせるのは本当に楽しみです

ゲームを楽しんでもらうために、この記事が少しでも役立って頂けたのなら幸いです

-インターネット接続, WiFi
-, , ,

Copyright© nakamahalog , 2019 All Rights Reserved.