スマホアプリやデザインが中心のWEBサイト

nakamahalog

グッズ

iPhone X 純正レザーケース。大人の色合いミッドナイトブルーは最高のデザイン

更新日:

iPhone Xは美しく輝くガラス外装も特徴の一つ。できれば裸のままで使いたいのですが、破損した際の修繕費用が高額なのが悩みの種。前機のiPhoneで一度落としてしまい数万円を支払った経験があるため、個人的には保護するケースは欠かせません。

色々探してみたのですが、iPhone X 用のケースも種類がそこまで出揃っていないこともあり、今回はApple純正のレーザーケースを使用することにしました。

結果として思った以上に良かったので、ここからは簡単に特徴を紹介していきます

iPhone X 純正レザーケース(ミッドナイトブルー)の外観

選んだのはレザーケースのミッドナイトブルーです。

Apple純正のiPhone X 用ケースは「シリコーンケース」と蓋付きの「レザーフォリオ」、そして「レザーケース」があります。落としたくないなら滑りにくい「シリコーンケース」、両手使いがデフォなら「レザーフォリオ」が良いかもしれません。とはいえ、「レザー」も滑ることなくグリップ感も良好です。

デジタルガジェット関連はなるべくブラックで統一しているのですが、今回は店頭で現物を見て惹かれたミッドナイトブルー。もう少し明るめの新色コスモスブルーとも少し迷いましたが、ミッドナイトブルーの方が大人っぽい色で好みでした。

レザー製品なので使い続けていれば味わいのある色合いに収まってくるかもしれません

濃い目のネイビーという感じです。深みのある色で、iPhone X の高級感に見劣りすることがありません。

中の材質は柔らかく起毛でおおわれており、iPhone X を傷つけることは無さそうです

電源ボタン部分は分離して押しやすくなっています。以前の純正レザーケースでは、ボタンが固く押しにくいという話もあったので改善されています

音量ボタンも同様に扱いやすくなっています。

底はこのように空いているので、ステレオスピーカーやライトニングコネクターを遮るものはありません。「ここも覆いたい」というこだわりの方にはネックになってくるかもしれませんが、使用している限りでは耐久性にもそれほど影響は無さそうです

加えて、iPhone X で廃止になったホームボタンに変わり下から上にスワイプする作業が多くなるのですが、それを考えるとここの部分は空いているのが正解な気もします

装着してみました

さすが純正なだけあって、寸分なく綺麗に収まりフィット感は完璧に近いです。

カメラ周りもピッタリときれい収まり、ケースの方の位置が高いので本体カメラの出っ張りというデザイン的なデメリットが無くなりました。

薄くなったベゼル部分に干渉することもなく、デザイン性や使用感を損なう心配はありません。底が空いているために、ホーム画面に戻るために下から上にスワイプするアクションもスムーズに行うことができます。

iPhone X の純正レザーケースを使ってみた感想

Appleの純正アクセサリーはただ高いだけのイメージがあったのですが、このレザーケースに関しては本当に満足しています。

しっかりと保護が出来てデザインも優れているので、iPhone X を持ち歩くのがより一層楽しくなりそうです!

-グッズ
-

Copyright© nakamahalog , 2018 All Rights Reserved.